装備レビュー

【レビュー】『BBB:フルビューPH(BSG-63PH)』広い視界の調光サングラス

サングラスを夜間や悪天候でも使うなら、「調光サングラス」がおすすめだ。明るさが自動で変化するので、レンズ交換の手間なく使い続けれらる。

サイクリングブランド「BBB」も調光サングラスを多数手がけており、その中でも視界の広いモデルが「フルビューPH(BSG-63PH)」。今回は、そのフルビューPHをレビューしていきたい。

<目次>
1.スペック
1-1.他の「フルビュー」との違い
2.各部詳細
2-1.可視光透過率の幅について
3.使用感
3-1.色の変化は「グレーor黒」
3-2.常に自然な視界が得られる
3-3.広い視野と高いフィット感
3-4.可視光透過率85%?
3-5.使用期限は2年ほど
4.まとめ

1.スペック

まずはフルビューPHのスペックからご紹介。

スペック

・カラー:ブラック、レッド(グレーレンズ)
・UVカット率:100%
・可視光透過率:17-85%
・価格:20,350円(税込み)
・Amazonはこちら

 

BBBの人気サングラス「フルビュー(BSG-63)」の、調光レンズ(Photochromic)モデルが「フルビューPH(BSG-63PH)」。

プロも使用するスペックはそのままに、レンズを調光仕様にし、様々な環境で使用するコミューターやロングライダーにも使いやすいサングラスにしている。

 

2-1.他の「フルビュー」との違い

人気なフルビューには、様々なラインナップがある。

フルビューの展開

・フルビュー(BSG-63):通常モデル。レンズはブラック、イエロー、クリア

・フルビューPH(BSG-63PH):調光モデル。レンズがグレー(可視光透過率17-85%)

・フルビューHC(BSG-70):ハイコントラストモデル。レンズがミラー系

・フルビューPH MLC(BSG-70PH):調光モデル。レンズがミラー(可視光透過率16-63%)

 

今回レビューしているのは、上から2つ目の「フルビューPH」。

同じく調光モデルの「フルビューPH MLC」はミラー加工がしてあるのに対し、こちらは通常のグレーレンズ。その分価格は抑え、かつ可視光透過率の幅(色の変化の幅)が広くなっている。

フルビューPH MLCはこれ(↑)。

レンズの加工以外にも、型番でBSG-63系とBSG-70系では、レンズ上部の形状も少し違う。BSG-63系はフレーム上部とレンズが同じ高さだが、BSG-70系は上の画像のように一段高くなっている。BSG-70系の方が新しいモデルで、アップデートされた点かも知れない。

この点に関して個人的には、BSG-70系の方が好みだ。

 

2.各部詳細

つづいて、フルビューPHの各部を詳しく見ていこう。

付属品はソフトケースとハードケース。ソフトケースは眼鏡拭きとして使用できるほか、ハードケースの方は替えのレンズを数枚収納できるようになっている。

色の変化が無い状態でこんな感じ。ややスモークがかったクリアなレンズだ。

フレームとノーズパッドの外側はメタリックなブラック。カラーバリエーションでは、ブラックの他レッドがある。

「フルビュー」の名の通り、フレームを可能な限り排したデザイン。特に中央上部の視界が広く、フレームによって視界が遮られることがない。

前傾姿勢をとっても、頭を無理に持ち上げる必要がなくなる。

つるの部分は適度にしなやかで、滑り止めの効く素材感。

フィット感の向上に一躍買っている。

フレーム両側にBBBのロゴ。控えめなワンポイント。

ノーズパッドは針金のような芯が入っており、無段階で調節可能。動きはやや硬いけど、一度調節すればズレないため運用は楽になる。

全体が柔らかめのゴムの様な感触で、皮膚への当たりは比較的優しい。

レンズのカーブはやや丸みがかっている。

アジアンフィットで有名なOGKのモデルに比べて、もう少しカーブをきつくした感じだろうか。個人的にはかなりフィットしていて心地よい。

 

2-1.可視光透過率の幅について

調光サングラスには、「可視光透過率」という、通す光の量に幅がある。透過率が高いほどクリアレンズに近く、低いほど暗くなる。

可視光透過率と使用環境の目安は、次の通り(ライトウェイさんの商品説明より引用)。

可視光透過率と使用環境

・100-85%:夜間(クリア、イエローレンズなど)

・85-43%:曇り、夕方

・43-20%:晴れ、薄曇り

・20-8%:晴天(多くのサングラスは15%ほど)

 

フルビューPHは17~85%なので、晴天からギリギリ夜間に対応できる計算となる。

向かって左側を手で隠し、10秒ほど直射日光に当てた状態。

調光サングラスは紫外線で色が変化する仕組みなので、曇りや夜間にはそれに応じた変化度合いになる。

ちなみに、色が暗くなる方の変化は速いが、明るくなる方の変化はゆっくりだ。写真の状態からクリアに戻るまでには、1分弱ほどかかる。そのため、トンネル等で瞬時にクリアになる訳ではない。

 

3.使用感

では、フルビューPHを実際に使用してみての感想を。

 

3-1.色の変化は「グレーor黒」

以前にご紹介した「フルビューPH MLC」は色が変化するとミラーだったけど、このフルビューPHは黒系に変化する。

調光レンズとしては一般的な変化の仕方で、晴れの時にはほぼ黒色。可視光透過率が17%にまで絞られるので、結構暗くなる。光の当たり方によっては目元が軽く透けるけど、遠目で見たら普通の黒とほぼ同じくらいだ。

逆に日光の弱いときには、薄グレー~クリアに近くなる。

最もクリアに近い状態では、夜間走行も可能なくらい。ただしクリアレンズと比較すると暗いので、それが気になる方がいるかも知れない。僕は基本的にはかけっぱなしで使用しているけど、道路の状況や見え方によっては外す可能性もありそうだ。

 

3-2.常に自然な視界が得られる

グレー系レンズの良いところは、視界が自然な見え方になること。色味が変わったり、変にコントラストが付いたりしないので、サングラスを着脱したときにも違和感が少ない。

フルビューPHはグレー系の調光なので、見え方は自然なまま、光の量だけを丁度よく調節してくれる。ライド中に風景も楽しみたいという方や、視界の色味を変化させずに使いたいという方には、もってこいなサングラスだろう。

 

3-3.広い視野と高いフィット感

フルビューの特徴の1つが、フレームレスで広い視野を確保していること。特に視界上部が広く空いていて、深い前傾姿勢をとっても前が見やすくなっている。

平坦を走る際や向かい風が強いとき等に、頭を下げて走ってもフレームが邪魔することが無いのが気に入っている。

一般的な形状のサングラスでは、いちいちズラしたりフレームを避けるように見たりしていた。フルビューならそのストレスから解放されるので、もう僕は通常タイプのサングラスには戻れない。

 

3-4.可視光透過率85%?

こちらで測定する術がないから何とも言えないけど、最大での可視光透過率が85%というのを若干疑問に思わなくもない。

僕はOGKの調光サングラスを2つ使用していて、最大透過率が79%と84%のモデルだった。フルビューPHはそのどちらよりもクリアに近いはずだけど、実際の見え方は80%も無いように感じる。

…いや、本当はBBBの測定が正しくて、OGKがもっと明るいのかも知れない。しかし、クリア側に差があるのは間違いないと思う。

(↑)OGKの121PH。画像の写りの関係もあるけど、現物を見てもクリア側がより透明に近いと思う。

先ほども書いた通り、個人的には夜間使用にも耐える明るさだと思っているけれど、もう少しクリアだと嬉しかった。事前にスペックを見て想像していたより暗かったので、現物を見られない方は、その点は注意していただいた方が良さそうだ。

 

 

3-5.使用期限は2年ほど

最後に1つ注意点として、調光サングラスには使用期限があるというのを書いておきたい。

BBBに限らず、全ての調光サングラスには使用できる期間に制限がある。だいたい2~4年ほどでレンズの色が変化しにくくなり、購入時の性能を発揮できなくなるのだ。

僕が今まで使ってきた調光サングラスも、2年ほどが寿命な印象。

とはいえ僕は使い潰すつもりでハードに使用しているし、結果的にレンズ以外の部分もかなり劣化が進んだ。他の部分の劣化スピードと同じくらいと考えてもさほど影響はないというのが、僕なりの考えではある。

 

4.まとめ

以上、BBBの調光サングラス「フルビューPH」をレビューしてみた。

晴天はもちろん、曇天や夜間までサングラス1つで対応できるのは、朝夜を走る通勤ライダーやロングライダーには嬉しい機能。レンズ交換の煩わしさから解放され、ストレスフリーに快適な視界が手に入る。

調光サングラスの中でも視界の広いデザインのおかげで、景色も良く見えるし、深い前傾姿勢にも対応している。

個人的にはフィット感が良いのも気に入っていて、僕のこれからのロングライドを支えてくれそうだ。

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (2)
  • 参考になった(@_@) (1)
  • 微妙(-_-) (1)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

Youtube

Wiggleで購入

Instagram