装備レビュー

【レビュー】『アピデュラ:レーシング フレームバッグ2.4L』ロードバイクにおすすめ!

ロードバイクで荷物を持ち運ぶ際、フレームバッグはとても合理的で使いやすいバッグだ。

しかし、ちょっと商品画像を見ただけでは分からない良し悪しや、バイクとのフィッティングといったポイントがとても重要なので、満足度の高い製品を選ぶのは難しい。

今回は、ロードバイクで使うならこれがベストでは?というおススメなフレームバッグを手に入れたので、そのご紹介をしてきたい。

<目次>
1.スペック
2.各部詳細
3.使用感
3-1.ちょうどいい容量
3-2.ロードバイクにフィット
3-3.高い防水性
3-4.フラップが邪魔?
3-5.汚れが落ちない
4.まとめ

1.スペック

このフレームバッグは、バイクパッキング用バッグの人気ブランド「アピデュラ(Apidura)」から発売されているもの。

アピデュラのバッグは使用シーンごとにシリーズ展開がされていて、これは「レーシング」というブルべや超長距離レースの為に作られたバッグだ。このシリーズ展開について詳しくは、こちらの記事をご覧いただきたい

 

 

スペック

・サイズ:2.4L、4L
・重量:145g(2.4L)、205L(4L)
・価格:13,610円(2.4L税込み)、15,080円(4L税込み)
商品ページはこちら

 

「レーシング フレームバッグ」は2つのサイズ展開がされていて、これは小さい方の2.4L。

実測重量は154gと公称より9g重い。軽量さをアピールしている製品なだけに、140g台に留めて欲しかったなとちょっと残念。

まぁこれでも軽量な部類であるのは間違いないのだけど……競合品は100g前半が主なのを考えると、数十gに拘る方にはイマイチかも知れない。

(↑)Alternative Bicyclesさんより引用

寸法は、L:29㎝、H1:7㎝、H2:14㎝、H3:4㎝、幅6㎝。実測のサイズもこの数値通りだった。

 

2.各部詳細

続いては、レーシング フレームバッグ2.4Lの各部を詳しく見ていこう。

全体は黒で、シルバー&黄色のアクセントが入るデザイン。レーシーだし、多くのロードバイクに合わせやすいんじゃないだろうか。余談だけど、僕はアピデュラのラインナップでレーシングシリーズのデザインが一番好きだ。

このシルバーと黄色の部分は反射素材になっていて、車へのアピール力を高めるのに一躍買ってくれる。

ジッパーは両サイドにあり、右側がメインの荷室、左側がマチのない小物入れ。間は薄い生地で仕切られている。

アピデュラ共通の大型ジッパータブがついていて、ライド中やグローブをしている冬も使いやすい設計。

内部はアピデュラには珍しく暗い色で、特に視認性を高める工夫は見受けられない。他のフレームバッグは黄色など荷物を見つけやすい色になっているんだけど、小型なのを考慮してか、あるいは軽量性を重視したのか。

ジッパーは止水ジッパーだけど、防水性を高めるためフラップ(ジッパー部分を覆うひさし)が付いている。「止水ジッパー」といっても完全な防水を実現できるわけではないし、個人的には開け閉めの際に雨が吹き込むのを防いでくれる働きもあると思う。

余談だけど、同じアピデュラのレーシングシリーズで「ロングトップチューブバック」という製品がある(レビューはこちら)。こちらは形状的にジッパーが真上に露出しているんだけど、このフレームバッグとは異なり硬く目の詰まったジッパーが採用されていた。トップチューブバッグの方が硬く開閉しにくかったんだけど、恐らくジッパーの防水性のグレードを必要に応じて変えているんじゃ?と思ったり。

トップチューブに接する前方には、ケーブルを出す穴が開いている。モバイルバッテリーをフレームバッグに入れたまま、ハンドル周りのサイコンやライトを充電できる配慮だ。

この穴はメインの荷室に直接つながっているけど、内部の仕切りにも穴が開いているので左側のサブポケットからもアクセスできる。画面奥にある六角形の穴から、ケーブルを出すことが出来る。

ダウンチューブへの固定はナイロンテープで。テープはバッグ本体と別体なので、バックルの位置を自由に決められるのが良い。

ナイロンテープは十分に長いため、太いカーボンフレームやエアロフレームにも対応できるだろう。余った部分をまとめて止めておけるゴムループも付属する。

ここがベルクロのフレームバッグもあるけれど、最近のバイクに対応するためには長いナイロンテープが向いているし、前輪からの泥跳ねの多いここはベルクロだと砂を噛んで固定力が落ちてしまうという問題もある。ナイロンテープは「分かってる」設計。

トップチューブ側はベルクロで固定。前方は2か所のスリットから任意の位置を選べるようになっていて、これはトップチューブバッグの固定ベルトとの干渉を避けられる工夫だろう。

(↑)安価なバッグに付属するベルクロ(左)と、アピデュラ(右)。質感が全く異なるうえ、凹凸面の配分が違う。

ちょっとマニアックな話をすると、このベルクロはギザギザの部分が短く、またバッグ本体とは別体のため、ジャージやバイクを傷つけるリスクを軽減させている。ベルクロのギザギザ面が長いとフレームにギザギザが擦れて傷付くし、バッグ本体と一体化していると末端が左右に出てジャージの内ももを傷つけるのだ。

細かいけど、結構これが大事だったりするポイント。

 

3.使用感

では、実際に使ってみてどうかをいろいろと。

3-1.ちょうどいい容量

まず2.4Lという容量だけど、ロードバイクで持ち運ぶにはちょうど良いサイズ感だった。

入る荷物はこんな感じ。薄手のレインジャケットと手袋、モバイルバッテリー、ケーブル、補給食など。

ロングライド等で必要なものをスッキリと収納可能だ。

ロードバイクでの日帰りライドからハードなロングライドまで、必要となるもの一式をコンパクトに携行出来る。

フレームバッグはバイクの走行性能を最も損ないにくい積載箇所でもあるので、ドリンクも含め荷物はなるべくフレーム三角の中に収めたい。そんなパッキングの願いを叶えてくれる、僕的ジャストサイズがこれだ。

 

3-2.ロードバイクにフィット

先ほど書いたベルトの長さや配置もさることながら、形状もロードバイクにフィットしやすく、ダブルボトル運用が比較的楽なのが気に入っている。

僕のバイクだと、ボトルケージの位置調整をせずとも、ショート(600ml)をダウンチューブに、ロング(750ml)をシートチューブに取り付けられた(ちょっとバッグにボトルが当たっているけど、実用上問題ない範囲だし、横抜きケージならボトルの抜き差しも差し支えない)。

もちろんこれはフレームサイズや形状によって大きくことなるはずなので、ご自身のバイクで確認して頂きたい。画像のバイクはサイズ54で、スペシャライズドのルーベSL4Disc。

また、ちょっと細かい話だけど、片手での開け閉め(特にメインの荷室を締めるとき)がしやすいのも好印象。

どういう事かというと、バッグの後ろ側がバイクにしっかり固定され、生地がぐにゃぐにゃ折れない様になっていないと、ジッパーを引いてもバッグごと動いてしまいバッグを締められないのだ。

(↓)の画像は真上から撮影しているんだけど、こんな風になっていちいち面倒くさい。

その点、このアピデュラのレーシング フレームバッグは本体にコシがあり、また後ろ側がすぼまっている形状のお陰でバッグがよれず、片手でスムーズに開け閉め出来る。止水ジッパーながらに開け閉めしやすいものを採用しているのも要素の1つだろう。

ライド中に頻繁に必要なものを入れるフレームバッグだからこそ、スピーディーでスムーズな開閉は欠かせない。このストレスフリーさが素晴らしい。

 

3-3.高い防水性

防水性についても、非常に高く安心して雨天ライドが出来る。

かなりの雨の中を走ったときも、中身は無事に保つことが出来た。

開け閉めや濡れた手を突っ込むことで多少湿ってしまうことに注意だけど、バッグ自体の防水性は十分評価できる。防水は常に必須ではないものの、絶対に有って損はしない機能だと僕は思う。

 

3-4.フラップが邪魔だけど……

防水性に一躍買っているフラップだけど、使っていくうちに左右に広がってきて邪魔になるのが大きな欠点。実はこれは、アピデュラのフレームバッグ全体に言えるデメリットでもある。

しかし、ことレーシング フレームバッグ2.4Lに関していえば、サイズが小さく膝の当たる位置にフラップがそもそも無いので、僕は膝当たりの不快感なく使用できている。

恐らくこれもフレームサイズや体型、ペダリングフォームなどによって変わってくるであろうポイントなので、ご自身のバイクとのフィッティングを考慮して頂きたい。

もしどうしても邪魔なら、(↑)の様に切ってしまう方法もある。普通にハサミでカットできるので、作業自体は簡単だ。

ただし、防水性はやはり落ちてしまうので難しいところだ。

 

3-5.汚れが落ちない

オフロードでも使用する僕にとって、日ごろ困っているのは汚れが落ちにくいこと。

オンロードで雨天ライドも少ない方ならあまり関係のない話だろうけど……僕が唯一にして一番残念に思っているポイントでもある。

このバッグはアピデュラの独自素材によってつくられているんだけど、表面がざらざらしていて泥が入り込むとなかなか落とせないのだ。もう諦めて割り切ってしまっているものの、何とかなってくれたらなぁと思う。

 

4.まとめ

以上、アピデュラのレーシング フレームバッグ2.4Lのレビューをしてみた。

細部の設計が詰められていて使いやすく、「レーシング」の名の通りロングライド系で非常に便利なサイズと形状のフレームバッグだった。僕のバイクとのフィッティングも非常に良かったのもあり、僕の中でいま一番のお気に入りバッグとなっている。

フレームバッグはバイクとのフィッティングがとても重要なので、フレームサイズの小さい方は特にご購入前には確認して頂きたい。イメージが沸かない時は、バッグの形に厚紙などをカットしてフレームに当てがうのがおススメだ。

13,000円越えと高価ではあるけれど、ロードバイク用フレームバッグとしておススメなので、ぜひ使っていただきたい製品だ。

商品ページはこちら

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • 参考になった(@_@) (11)
  • いいね^^)b (1)
  • 微妙(-_-) (0)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

About the author

S.K.

ロングライド&グラベル系自転車乗り。その他キャンプ、登山など。
・身長177㎝/体重68㎏
・北海道一周2,400㎞/8日2時間
・国道4号(536㎞)/21時間37分
・グラベルエベレスティング達成
・冬季北海道1,000㎞……...etc.

Wiggleで購入

Instagram

Youtube