メンテナンス

グラベルロードのロードバイク化は可能か?軽量化や舗装路用のカスタム、走ってみた感想

近年ブームとなっている「グラベルロード」。様々な路面を走れる汎用性の高さが魅力の1つだが、やはり舗装路での走りはロードバイクの後塵を拝する。

「グラベルロードを買ったけど、もっと舗装路を快適に速く走りたい」「ロードバイクに近づけるカスタムをしたい」という方もいらっしゃるだろう。

そこで、グラベルロードの『ロードバイク化カスタム』のご紹介や、そもそもロードバイクの様に走れるのか?といった話題で、僕なりの知見を書いていきたい。

<目次>
1.はじめに
2.グラベルとロードの違い・カスタム
2-1.タイヤ・ホイール
2-2.コンポ(ギア比など)
2-3.その他
3.ロードバイクの様に走れるか?
4.最後に

1.はじめに

本題の前に少しお断りをしておくと、ひと口に「グラベルロード」といっても、多種多様なバイクがあるということ。

今はロードバイクに近い設計のバイクから、MTBの様に未舗装路を重視した設計のバイクまでひっくるめて「グラベルロード」と呼ばれてしまっている。この記事では、両極端ではない一般的と思われるグラベルロードの話をしていくけれど、必ずしも当てはまらないことはご了承いただきたい。

また、あくまで僕自身の経験に基づいて書いていくし、一個人の感想に過ぎないことも悪しからず。カスタムに正解は無く、自分が納得するもの・楽しく走れるものならそれが良いと僕は思うので、ふ~んくらいにご覧頂きたい。

ちなみに、僕が乗っているグラベルロードは『Bombtrack:Hook EXT 2021』。走りを重視したツーリング志向のバイク。詳しくはインプレ記事をご覧頂きたい

 

2.グラベルとロードの違い・カスタム

さて、グラベルロードとロードバイクのパーツ構成の違いと、それをロードバイクに近づけるカスタムをご紹介しよう。

2-1.タイヤ

タイヤやホイールといった足回りは、自転車の走行性能に大きく影響する。中でもタイヤは比較的安価に(といっても高いけど……)交換できるうえ変化を感じやすいので、「走りを変えてみたい」と思ったらまず手を付けてみて頂きたいパーツだ。

グラベルロードの場合、未舗装路にも対応するために太いタイヤ(完成車は40c前後)で、かつブロック(表面の凹凸)のあるタイヤを履いていることが多い。

太いタイヤは乗り心地が良いけれど、重量が重くなってしまうので走りがもたつきやすいし、ブロックは舗装路では走行抵抗になってしまう。「ブロックのあるタイヤの方が雨の日でも安心!」みたいな事をいう人が居るけど、アスファルトの上を走るならブロックでもスリック(ツルツルの表面のやつ)でも、グリップ力は基本変わらないし、むしろモノによっては逆効果になる。

一方、ロードバイクは細く(25c前後)、軽量なタイヤを履く。表面も凹凸が少なく転がりが良いので、アスファルトの上をスーッと滑らかに進む感触が味わえる。完成車付属の重たいブロックタイヤから、ロードバイク用のスリックタイヤに交換するだけで見違えるほど速く快適になるので、ぜひ試していただきたい。

タイヤを交換するときに気を付けるのは、手持ちのバイクのホイール径。多くのグラベルロードはロードバイクと同じ700c(Etrto:622)という直径のリムを採用しているけれど、偶に650b(27.5インチ、Etrto:584)のバイクもある。タイヤを選ぶ際には、この700cとか650bという直径をリムと揃えたうえで、25cとか28cといった幅を選択する。

交換先のタイヤはいろいろ選択肢があるけれど、超人気で定番と言えば(↑)のコンチネンタル:GP5000。僕も愛用しているけれど、性能がバランスよく高く、耐久性も良い。もう少し価格を落したいなら、右の廉価版であるUltra SpotsⅢも良いだろう。

ちょっと話は逸れるけど、もし「ロードバイクの様に舗装路を快適に走りたいけど、グラベルバイクっぽく未舗装路も多少は走りたいしなぁ……」という悩みをお持ちの方がいらっしゃったら、パナレーサー:Gravel King SSは非常におススメだ。詳しくはレビューを書いているので、こちらへどうぞ。

 

2-2.ホイール

続いてはホイール。カスタムのコスパでいえば恐らくタイヤの方が良いけれど、思いきり走りを変えたいときや、予算に余裕があるのならホイール交換も視野に入る。

ホイールごと買ってしまえば、オンロード用とオフロード用の2セットのホイールを用意して、その日の気分に合わせてホイールを変えてライドに出かける……なんて運用もできてしまう。

グラベルバイクの完成車に付属するホイールは、オフロード走行に耐えるため頑丈にできていることが多い。丈夫なのは良いことだけれど、オンロード走行を目的としたロードバイクとして使うなら、重すぎると言わざるを得ない。

グラベルロードの完成車に付属するホイールは大抵前後で2,000gを越えてしまうのに対し、ロードバイク用のホイールなら5万円~くらいの予算(=ミドルグレード)でも1,500g台のものが殆どだ。

「たかが数百gじゃん」と言いたくなるけれど、これが物凄い差になるから自転車は面白い。軽量ホイールにしてロード用ようタイヤを履かせれば、全く別のバイクとして楽しめるはず。

先ほども少しホイールの規格に触れた通り、基本的にグラベルロードもロードバイクもホイールの直径は同じ(700cの場合)。

ただし、ロードバイクはブレーキが「リムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2種類が市場に存在していて、グラベルロードと同じなのは「ディスクブレーキ」の方。ホイールを探す際には注意されたし。

*他にも、ホイールを選ぶ際には
・クイックリリースかスルーアクスルか?アクスル径と幅は何㎜か?
・ローター固定方式はセンターロックか6穴ボルトか?
・フリーボディはSRAM/ShimanoかXDRかカンパニョーロか?
など、自分の使用環境と適合するか見るべき規格がいろいろある。この記事では長くなるから省くけど、初心者の方はきちんと調べて購入するか、お店の方に相談するのが良いだろう。

僕が使っているホイールをちょっとご紹介すると、AlexrimsのRXD2というモデル。

1,400g台とハイエンドホイール並みの軽さを持ちつつも、7万円台で買えてしまう凄いホイール。走ってみたときの性能もとても気に入っている。レビューはこちら。

 

2-3.コンポ(ギア比など)

続いてはコンポーネント(変速機系)について。

グラベルは一般的にフロントシングルで組まれ、かつスプロケットの幅が広い(例えば40×11-42など)けれど、ロードバイクはフロンドダブルでスプロケットはクロスレシオ(例えば50-34×11-28)だ。

グラベルロードでも完成車がロードバイク用のコンポを使っている場合もあるし(特にエントリーグレードに多い)、最終的に乗り手の好みやシチュエーション次第ではある。それでも、本当にロードバイク的に使いたいなら、僕は変更した方が走りやすいと思う。

というのも、やっぱりオンロードで走るならグラベル用のギア比じゃ足りないし、1段ごとの歯数差がありすぎて細かなギア比調節が出来ないから。

太いタイヤでオフロード用と割り切れば「まぁグラベルバイクだしいいか」と割り切れるんだけど、ロードバイクらしく走るとなると変速の大雑把さがどうしても気になってしまうのだ。

だから、やっぱりおススメはフロントダブル。車体が重いことを考えると、50-34×11-32あたりが使いやすくて良いんじゃないかなぁと思う。完成車付属で「48-32×11-34」というグラベルロードも見かけるので、その構成であればそのままでも良いかも知れない。

フロントダブル化するならカスタムが大掛かりになる可能性が高いので、一度ショップに相談することをお勧めする。

 

2-4.その他

その他、ちょっとマニアックで細かいけど、ロードバイクの様に使うなら気になりそうなポイントがいくつかある。

例えばポジションに関することで、グラベルロードは一般的にアップライト(上半身が起き上がった楽な姿勢)が多いのに対し、ロードバイクは基本的に前傾姿勢の強いアグレッシブなポジションをとる。ポジションは乗り手やライドスタイル次第で正解のないものだけど、突き詰めるほど気になる部分だろう。

僕はグラベルロードのポジションは、メインが未舗装路or舗装路かでライドの度に変更している。未舗装路メインの時は80㎜/6°のサスペンションステムでスペーサーは10㎜、舗装路メインなら100㎜/17°のステムにスペーサーは5㎜。これでかなりポジションが前傾に変わる。

末広がりになっている「フレアハンドル」も、オンロードでは不要。下ハンを持ったときに無駄に空気抵抗になるだけなので、一般的な形状で軽量なドロップハンドルに変更するのがおススメだ。

サドルもコースによって変えていて、荒れた場所に行くならサスペンションサドルのSAGMAサドルに、そうでないなら前傾の取りやすいスペシャライズドのPhenomやPower ARCに、という具合だ。シートポストも純正のものからKCNCの軽量モデルに変更している。

これらの変更によりスピーディーな走りがし易くなるし、軽量化にも繋がるので結果的にロードバイク化を突き詰めるなら欠かせないポイントかなとも思う。

もっとも、最初にご紹介したタイヤやホイールの交換と比べると効果は地味だし、初心者の方ならタイヤやホイールを変えてしばらく乗ってからカスタムを検討するくらいで良いとも思う。

 

3.ロードバイクの様に走れるか?

ずらっとカスタムについて書いてきたけど、「で、結局ロードバイクみたいに走れるの?」という疑問へ僕なりに回答したい。

結論から書くと、『ロードバイクに近づきはすれど、届かない』だ。

 

足回りをロードバイクと同じにして、ギア比もクロスにして、ポジションも合わせれば、かなりロードバイクに近い走りが出来る。例えば、30㎞/h後半をキープするのもさして大変ではないし、登りもペースを保って走れて、何よりあの「アスファルトを駆ける気持ち良さ」がある。

実際に軽量ホイール(Alexrims:RXD2)にロード用タイヤ(コンチネンタル:GP5000 25c)を合わせて、ロードバイクの方と300㎞程のツーリングに出かけてみたりもした

ベースがグラベルバイクだからって遅れたりすることもなく、普通に楽しく走ることが出来た。レースで結果を出したいひと意外、別にこれで何ら問題ないじゃん!と素直に思えるくらい。速くて、進んで、楽しめる。

しかし、やっぱり「ロードバイク化したグラベルバイク≠ロードバイク」なのだ。

ロードバイク用のパーツでカスタムして全体をロードバイクに近づけるほど、車体そのもの=フレームの違いが見えてくる。グラベルロードの方がより頑丈で、安定感を重視し、タイヤクリアランスが広い。それゆえ多用途に使えるんだけど、ロードバイクから見えれば頑丈=剛性バランスが異なり重い、安定=軽快さに欠ける、クリアランスが広い=無駄が多く反応が遅い、といった捉え方が出来る。

そんな違いがジワジワと出てきて、やっぱりロードバイクにはなれないかぁ……と思うに至った。

いや、ベースとなる車体にも依存するだろうから、皆様のバイクでどうなるかは分からない。

ただ1つ思うのは、「未舗装路を走りやすく」「太いタイヤが履けて冒険志向で」「積載力も確保して汎用的で」とグラベルバイクらしさ(?)を求める程に、舗装路に特化したロードバイクらしさからは離れていってしまうので、やっぱり届かないということ。

「ツーリングバイク」とか「その辺を気持ちよく走れればOK」という意味合いでの「ロードバイク化」ならカスタム次第で十分イケると思うけど、「舗装路をガシガシ行きたいぜ!」「速さを求めて走りたい!」という想いがあるなら、あれこれするより最初からロードバイクをそろえていった方がいいのでは?と思ってしまう。

難しいニュアンスなんだけど……この捉え方次第の「ロードバイク化の可否」が伝われば幸いだ。

 

5.最後に

以上、グラベルロードのロードバイク化について、カスタムの内容から実際にやってみた感想まで、僕なりの意見をあれこれと書いてみた。

グラベルロードはまだまだ情報が少ないし進化の著しいジャンルだから、誰しもがこの記事の通りになるとは限らない。それでも、この情報がグラベルロードオーナー様の参考になれば嬉しく思う。

カスタムについて少し後ろ向きなことを書いてしまったかも知れないけど、グラベルロードは自由度が高く自分好みに仕上げられるのも良いところだと思っている。だから、舗装路を走ることが多いならタイヤだけでもぜひ変えてみて欲しいし、あれこれ試行錯誤するのも楽しみのうち。きっと変化を感じてライドが楽しくなるはずなので、カスタムの道をまた一歩を踏み出してみてはいかがだろうか?

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • 参考になった(@_@) (26)
  • いいね^^)b (17)
  • 微妙(-_-) (0)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

Wiggleで購入

Instagram

Youtube