装備レビュー

ロードバイクの『股ずれ』防止にProtect J1を買ってみた!使用感をレビュー

ロードバイクでのサイクリングでは、しばしば股ずれが起こってしまう。特に夏場のロングライドでは、僕は必ずと言っていいほど股ずれに悩まされていた。

その股ずれ対策として、僕がいま使っているのが保護クリーム。以前はアソスのシャモアクリームを使っていたけど、ちょうど無くなったのでProtect J1(プロテクト ジェイワン)に買い替えてみた。そこで、効果のほどや使い勝手などをレビューしていきたい。

<目次>
1.Protect J1って?
2.Protect J1の使用感
2-1.塗りやすい&べたつかない
2-2.股ずれ防止効果は◎
2-3.持続時間はそこそこ
2-4.持ち運びについて
3.シャモアクリームとの比較
4.さいごに

1.Protect J1って?

Protect J1はアースブルーの皮膚程用クリーム。同社製の皮膚保護クリームには「S1」と「J1」の二種類があって、持続時間が異なるらしい。公式HPによると、S1が3~4時間、J1が7~8時間だ。

アースブルーHPより

用途別の区分でいうと「サイクリング」はS1に区分されているけど、僕の乗り方はロングライド(8~24時間)なのでJ1を選択。ブルべやロングライドに限らず、普通の週末ライドでも半日(6~7時間)くらいの乗車時間は普通だと思うから、多くのロードバイク乗りはJ1で良いんじゃないかな?と思ったり。ローラーでの使用がメインなら、S1の方でもいいかも知れない。

公式HPによると、

 プロテクS1とプロテクトJ1は、スポーツ時での皮膚と服、靴、用具との摩擦で起きる擦りむけ症状やマメを防止するスキンケア用品です。例えば、マラソンでの乳首・靴擦れ、自転車での股擦れ、トライアスロンでのウェットスーツ擦れ、フリークライミングでの指先の皮むけ等、皮膚に保護膜を形成させて物理的な刺激を強力にブロックいたします。ベタつきも、匂いもない快適な使用感の皮膚保護クリームを使って、スキントラブルを徹底的に防いでください。(アースブルーHPより引用)

とのこと。

サイズは3種類が展開されていて、35ml、80ml、150ml。大容量なほど割安な価格設定だが、今回は真ん中の80mlを購入してみた。

使用回数の目安は、80mlで133回。もちろん使い方によって使用回数は変わるけど、それなりの回数使えるのですぐ無くなる量ではないだろう。

80mlの容器で、一番長い部分の実測サイズが14×5×5.5㎝。荷物の中にも入れやすいサイズ感かなとは思う。

 

2.使用感

さて、早速Protect J1の使用感について。

2-1.塗りやすい&べたつかない

Protect J1の第一印象は「サラサラで塗りやすい」。伸びやすくて変なべたつきがないから、塗りにくい股部分にも塗りやすいのが嬉しい。

もちろんクリームだから特有のヌルヌル感はあるんだけど、一度塗るとサラッと乾いてべたつきやヌメりのような感覚がなくなる。僕はクリーム独特のヌルヌル感があまり好きじゃないんだけど、Protect J1はその不快感がないのだ。なんだか騙されたようで凄く不思議な感じ。

塗った後の手もさほどべた付かないので、例えばライド中にトイレで塗りなおすときも嫌じゃないし、念入りに手を洗わないと取れなくて……という様なことがない。

 

2-2.股ずれ防止効果は◎

肝心の股ずれ防止効果だが、十分力を発揮してくれていると思う。僕は超汗っかきなので、夏場のライドは保護クリーム無しだと100㎞もたずに内股が擦れてしまう。それがProtect J1を使えば、200㎞くらい(持続時間の8時間+α)走っても股ずれは皆無。

記事にしているライドだと(↓)で使ってきたけど、もちろん1度も股ずれは起きていない。

先ほど書いた通りヌルヌルというよりサラサラな感じを保ってくれるので、ライド中も快適性も高いのが気に入っている。使用中のフィーリングは結構いい。

 

2-3.持続時間はそこそこ

Protect J1の効果持続時間は7~8時間。それ以上の使用をするなら塗り直しが必要になる。

8時間と言うと、ゆっくりで150㎞くらい、さっさと走って200㎞くらい走れるだろうか。実際には8時間で効果が急にゼロになる訳じゃないからもう少しは持つけど、300㎞を塗り直し無しで走るのは厳しいと思う。

この400㎞ライドの時は休憩込み22時間で、中間地点で1度塗り直した。1回で約11時間の計算だが、それでも股ずれは起こっていない。走ったのが真夏ではないので、汗がもっと多い時期なら2回くらい塗り直しが必要かもしれないけれど、ギリギリ10時間くらいは行けるのかな?という印象。

 

2-4.持ち運びについて

300㎞以上のロングライドや連日のライド、途中に温泉を挟むライドなどでは、出先で塗りなおせるようにProtect J1の持ち運びが必要になる。

パッケージは漏れるような構造ではないのでそのまま持ち運んでもいいし、サイズが気になるなら一番小さい35mlのを持ち運び用に買うか、別容器に移し替えてもいい。移し替えるなら100均の旅行用の化粧品入れがおすすめで、100均(特にセリア)に行くといろいろ良さげなのが売っている。

僕は今までは移し替えて携帯していたんだけど、最近は面倒くさくなって80mlのをそのままバックに入れていたり。(笑) 内容量が少なくなるにつれて軽くなってきたし、小さい容器は手が滑って落としたりと使いづらさもあるので、まあこれでもいいかと思っている。

 

3.シャモアクリームとの比較

冒頭に書いたとおり、僕はProtect J1の前はアソスのシャモアクリームを使っていた。せっかくなので、シャモアクリームとの比較も簡単に。

クリームの感触としては、アソスのシャモアクリームの方がボソボソした感じで、硬く塗りにくい。塗った後はさらさらと言うよりはウェットな感触だった(そもそも?シャモアクリームは肌に直接塗るのではなくレーパンに塗り込むので、単純な比較は出来ないかもしれない)。

感触としてどちらが良いかは好みによるだろうけど、単純な塗りやすさはProtect J1に軍配がある。

股ずれ防止効果については、Protect J1と同じく十分効果あり。あくまで体感だけどシャモアクリームの方が持続時間が長い感じがあって、300㎞くらいは持つと思う。塗り直しを少しでも減らしたいなら、シャモアクリームの方がいいかもしれない。

ただ、価格と機能を総合的に考えると、Protect J1の方が僕個人としてはおススメだ。シャモアクリームは140g入っているとはいえやっぱり高価だし、ライド回数の少ない方や相性が良くない方は大量に余らせてしまう可能性が高い。

 

4.さいごに

ここまで、股ずれ対策としてProtect J1をご紹介してきた。

この手のものは相性があるとは思うけど、僕は凄く恩恵を受けているしおススメできる商品だ。ロードバイクの股ずれに悩む方は一度試してみてはいかがだろうか?

*補足

股ずれにはいろいろな原因がある。ペダリング時の微妙な擦れが蓄積して股ずれが起こっている場合は、たぶんProtect J1で解決できると思うけど、サドルやレーパンが根本的に合っていない可能性もある。というのも、僕はロードバイクを買いたての時Amazonの激安パッドを使っていて、すぐに股ずれが起こって辛かった。それが、レーパンを買い直すとあっさりと解決……。そういうあまりにも酷い時は、使っているウェアや機材との相性も疑うといいかも知れない。

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (9)
  • 参考になった(@_@) (4)
  • 微妙(-_-) (0)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

Wiggleで購入