メンテナンス

破れた自転車グローブをパッチで簡単に補修してみたー穴あき手袋の修理方法

僕の愛用している冬用のサイクルグローブが、冬シーズン途中に破れて穴が開いてしまった。

このグローブは高価だし気に入っているので、最低でも今冬は乗り切るべく、手持ちのパッチで簡単補修をしてみた。間に合わせのつもりが意外と長持ちし優秀だったので、その修理方法についてご紹介したい。

<目次>
1.破れたグローブ
2.使ったもの
3.補修方法
4.パッチ補修の耐久性

1.破れたグローブ

今回修理するのは冬用のサイクリンググローブで、RoecklのRebelvaというモデル。

気に入って使っていたのだが、シフトやブレーキ操作で一番消耗する右人差し指の外側が破れてしまった。裂け目は大体1.5㎝で、表側の縫い目から生地が破れてしまっている。

縫い糸のほつれもあるし、裂け目は日に日に悪化していく一方…。毎日使うものだし、このまま放置すると使えなくなってしまう。

ド素人ながらに、なんとか自分で補修してみることにした。

 

2.使ったもの

布地のグローブの補修なので、最初に思いついたのはあて布などをして縫い合わせる方法だった。しかし、僕には上手く縫い合わせるほどの裁縫技術はない…。

そこで思いついたのが、いつもアウトドアギアの補修で使っているパッチだ。頻繁に擦れるグローブにも使えるのか疑問だったが、最悪その場しのぎでもいいと思いこれを使ってみることにした。

使ったもの

・GearAid:TenaciousTape(Black)
・ハサミ

 

いつも使っている補修パッチと言うのが、GearAid(ギアエイド)というブランドのTenaciousTape(テネシャステープ)という製品。カタカナでググっても商品が出てこないことが多いので、商品詳細は英語検索するかAmazonリンクこちらの公式サイトからどうぞ。

カラーはグローブに合わせてブラックを使用。他にはイエロー、レッド、グレー、セージ、クリアがある。基本は布のような表面のテープだが、クリアはツルツルしたPVC素材になっている。僕はクリアも持っているけど、表面素材の都合上クリアはグローブの補修に向いていないので、クリア以外のカラーモデルを使うのがおススメ。

幅7.6㎝、長さ50㎝とかなりのボリュームで1,000円くらいなので、コスパはいいリペアテープだと思う。因みに、僕は今まで破れたテントやスタッフバック、ザックの小さい穴の補修にも使っていて、扱いやすさや耐久性に信頼を置いている。

 

3.補修方法

さて、早速修理を開始。といっても、基本的にはリペアテープを穴の大きさに切って貼るだけ。超簡単。(笑)

とはいえ、僕なりに少し工夫したポイントがいくつかあるので、そこに触れつつご紹介したい。

まずはテネシャステープを穴のサイズにカット。テープは普通のハサミでカットできる。真っ直ぐ切りたいときは、裏面に方眼が引いてあるのでぜひ参考に。

ここでポイントなのが、しっかり角を落としておくこと。リペアテープは大抵角の部分から剥がれてくるので、円形に近い方が長持ちする。裂け目に貼る場合は長方形になるので、角を丸めるのがベストだ。

そして、補修する部分以外の縫い目や、張り付きが悪そうな部分にかからないようにすること。

僕のグローブの場合、指先の先端がスウェードになっていて、どう見てもテープがくっつきにくそうな素材。そこは上手く避けるようにカットしておいた。

あとは、貼り付ける表面を綺麗にして圧着。

きちんとテープが張り付くように、接着面のゴミを取り除いてほつれた糸を整えておく。そして、そっとグローブにテープを置いて仮止めした後、しっかりと押し付ける。リペアテープを使ってきた経験上、「接着面を綺麗にすること」と「圧着すること」は基本かつ重要だと思う。

テープがきちんと貼り付いたら完成!

テネシャステープはロールで安く買えるので、もし失敗しても剥がしてまた新しく貼りなおせばOK。もちろん、圧着する前の方が剥がしやすいので、失敗したと思ったらその時点でさっさと剥がしてやり直すのがおススメだ。また、貼りなおすときは切ったテープを再利用するよりも新しく切った方がいい。

 

4.パッチ補修の耐久性

その後、約2カ月:1,000㎞くらい使用してみた。使用後の補修部分はこんな感じ。

画像をご覧いただければ分かるが、大きな問題はなく使用出来ている。若干リペアテープの縁がほつれたり、浮いたりしているけど、パッチが剥がれてくる感じはないし、指の腹の部分は逆により圧着されているくらい。

そろそろ冬グローブが出番がなくなってきたので、無事に冬シーズンを乗り切ることが出来た。特に問題はなさそうなので来冬もこのまま使うつもりだし、もし剥がれてしまっても補修テープはまだまだあるのでまた貼ればいい。たぶん1度テープを貼ればひと冬は持ちそうだから、グローブの寿命が随分延びたと思う。

グローブの表面素材や使用環境によっては、僕と同じ結果になるとは限らない。が、失敗しても剥がせばいいだけだし、テープも安価だ。テネシャステープでの簡単補修、試してみてはいかがだろうか?

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (7)
  • 参考になった(@_@) (4)
  • もっと詳しく(・ω・) (1)
  • 微妙(-_-) (0)

Wiggleで購入