お役立ち記事

ロードバイク・MTBの廃チューブの活用方法をいろいろ考えた

パンクで交換し役目を終えた廃チューブたち。何かに使えないかな~と勿体なく思いながらも毎回捨てていた。

ちょっとした用途でしかないのだが、最近利用方法をいくつか発見したのでご紹介したい。

<目次>
1.チェーンガード
2.ベルトの末端処理
3.ライトの脱落防止
4.アダプタのフレーム保護
5.その他輪ゴムとして

1.チェーンガード

まずはチェーンガードから。走行中にチェーンが暴れてチェーンステーに傷がつくのを防ぐことができる。

やり方は、チューブを一か所切って帯状にし、チェーンステーにぐるぐる巻くだけ。固定はタイラップを使っている。ポイントは、もしタイラップやチューブが切れても直ぐにほどけないように複数個所を縛ること。何かの拍子に一気にほどけてリアホイールに絡まると危険なので、何かしらの備えが必要だ。

チューブを割いてから巻いた方が見た目には綺麗かなと思うけど、走行中に切れるのが怖かったのでそのまま巻いた。

使ってみた感じは特に問題なく、保護性能もかなり高い。チューブ自体にもダメージがなさそうなので、割いてから巻いてもよかったかなと思ったり。

マイナス点を挙げるなら見た目。僕のバイクは真っ黒だから目立たないが、これがカラーリングの綺麗なバイクだと結構目立ってしまいそう。デザイン的にもあまりカッコいいとは思えないので、使いどころを選びそう。MTBとかには逆に合う気がしなくもないが…。

 

2.ベルトの末端処理

バイクパッキングギアなどで、縛ったベルトの紐がピロピロして邪魔になることは多い。ちゃんとその末端を留めるための輪っかがついている商品もあるが、余ったベルトの長さによっては機能しないことも。

そんな時、チューブを1㎝くらいの幅に切って、末端処理用としてベルトに通しておくといい。チューブが何c対応かによってサイズに多少の違いはあれど、自転車用品の大体のベルトにはロード用チューブがピッタリだと思う。

このくらいなら見た目にもあまり影響ないし、機能的にも十分。バイクパッキングに限らず、バックパックの紐なんかにも使える。風でピロピロが体に当たると痛いので、なるべくカバーしておいた方がいい。

これは結構便利なので、気になる箇所がある方はお試しあれ。

 

3.ライト・サイコンの脱落防止

いろいろ応用は効く方法だと思うので、僕の場合の例をいくつかご紹介。まずはキャットアイのOMNI3OMNI5から。

このライトはランタイムが長く安価なのが特徴で、ロングライドやブルべで使用率が高い。製品について詳しくはレビューしているのでそちらもどうぞ。で、このライトの残念なところが、上蓋が走行振動で吹っ飛ぶこと。

それさえなければ凄くいいライトなのに…と思っていたが、蓋が落ちないよう留めておくのにチューブがピッタリだった。普通の輪ゴムでもよかったけど、劣化が早いし電池交換で何重にもぐるぐる巻く必要があり面倒だった。

チューブを5mmくらいの幅に切るだけで、25cチューブだとちょうどいい輪の大きさに。普通の輪ゴムよりも耐久性があるし電池交換も楽なので、OMNIシリーズをお使いの方はぜひ。

次にGarminのetrex30x

こいつもバイクへのマウントにかなり問題があって、路面の振動で本体が落ちてしまうことが多い。その時のためにバンジーストラップを付けているんだけど、走行中に直すのは結構面倒くさい。

そこで活躍するのが廃チューブ。こちらは大きめの輪が必要なので、MTB用の太いチューブの方がいい。

幅広の輪ゴムを作るような感じで5㎜~10㎜くらいの幅に切って、写真のように固定するだけ。チューブの幅が広い方が固定力が増すけど、伸ばす力も必要になって取り付けが大変なので、幅を何㎜くらいにするかはいろいろ試してみてほしい。

これで落ちたことはないけど、etrex自体の着脱が少しだけ面倒にはなる。ゆるふわーくすさんから固定力アップのためのアダプタ↓もいくつか販売されているので、簡単に着脱したい方はこういうのを使うのがいいかもしれない。

 

4.フレーム保護・滑り止め

これもアタッチメントを取り付けるときのいろいろだが、フレームやハンドルなどに取り付ける前に、廃チューブを切って何重か巻いておくとフレーム保護効果と滑り止め効果が得られる。

例えばキャットアイのフロントライト用マウントは、MTBハンドルなどの細い径には対応しておらず固定力が弱くなってしまう。そんな時にチューブをハンドルに巻いてからマウントを取り付ければ、固定力UPかつ滑らない。

バイクパッキングギアの取り付けや、フレームにボトルケージ増設のためにアタッチメントを取り付ける際にも、事前に巻いておくとGood。チューブの耐久性(ゴムの厚みなど)によっては長期間の使用には堪えないかも知れないけど、そのまま取り付けるよりは傷を防ぐことができるし、滑り止め効果で固定力も増す。

しかし、チューブに限らずゴムシートをフレームに噛ませる場合、雨のあとはゴムとフレームの間に細かな砂が入ってしまい逆にフレームを傷付けることがあるのに注意。結局は定期的なメンテナンスか必要だけど、直に取り付けるよりマシである。本当に傷を気にするなら、そもそもアタッチメント系を極力使わないのが一番なのをお忘れなく。。

 

5.その他輪ゴムとして

最後に、1mmくらいに切ると普通の輪ゴムとして使えますよという話を。

もう内容はそれ以上でも以下でもないのだが、薄く切ると結構伸びるので普通の輪ゴムみたいになる。ロード用チューブだと小さめの輪ゴム、MTBチューブだと普通サイズの輪ゴムくらいの大きさ。いくつか作っておくと普通に便利。

上の写真でチューブを縛っているのもチューブの輪ゴム。チューブ1本を全部輪ゴムにしたら2000個くらいは作れるはずなので、もう輪ゴムを買う必要がなくなるかも知れない…?(笑)

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (17)
  • 参考になった(@_@) (12)
  • もっと詳しく(・ω・) (1)
  • 微妙(-_-) (0)

Wiggleで購入