ツーリング記

ロードバイクで牡鹿半島~石巻の海岸ライド

東北地方の太平洋側、三陸海岸の南端に牡鹿半島という半島がある。全国的にはメジャーではないこの半島だが、被災地復興を掲げるツール・ド・東北のコースにも採用されている場所だ。

今回はその牡鹿半島の南側をのんびり走ってみた。

<目次>
1.自宅~牡鹿半島
2.海と坂と
3.8年前の震災を想う
4.夜は旅館「海風土」へ

 

1.自宅~牡鹿半島

自宅から目当ての半島までは約60㎞。まずは仙台港まで走り、そこから海沿いを塩釜~松島~石巻へ。

松島ってこんな感じ

松島といえば日本三景で有名な景勝地だが、その分松島付近の道が混むので走りにくいのが残念だ。

脇道に入れば快適なサイクリングが楽しめるんだけど、所々でどうしても観光客と大型車の渋滞に巻き込まれてしまう。いい迂回ルートを見つけられるといいんだけど。。

石ノ森漫画館

松島を越えると石巻市へ。石巻は三陸のなかでも大きな都市で、ここを抜けると交通量も少なくなる。

石巻は漫画家で著名な石ノ森章太郎氏を記念する施設やモニュメントがたくさんあり、石ノ森漫画館がその代表例だ。港町に突然現れる真っ白なドーム状のその建物は、石巻市の中でもひときわ目を引く存在だ。

記念に1枚

他にも商店街に漫画のキャラクターの像が立ち並んでいて、ついつい記念撮影をしたくなる。そもそも作品自体知らない僕だけど、こういうのってなんか楽しい。それに、これがきっかけでその人や作品を知ることが出来るので結果オーライ。

鹿妻駅前にはブルーインパルスのT2

石巻市に至る前にも実はこんなスポットがあって、昔のブルーインパルス(航空自衛隊のアクロバット飛行チーム)の機体が展示してあったり。何にもない田園地帯にぽつんとたたずむその姿は少々寂しいけど、これが音速を越えて飛ぶんだから凄い。これでも僕が生まれる前には退役してるおじさんだ。

 

2.海と坂と

石巻を通過すると、いよいよ本命の牡鹿半島へ。

半島のサイクリングコースで有名なのは半島中央の山脈稜線を走る通称「コバルトライン」だけど、今日はあえて南西の海沿いの小道を走ってみた。特に理由はない、ただの探検心と気まぐれ…(笑)

こういう神社好き

メインの道路から、ここ行けるのか?という小道から海沿いに入り探索開始。初っ端から車1台分+αしかない道幅で、ブラインドカーブのオンパレードだ。さっきまでの車の喧騒から離れ、やっとのんびりサイクリングが出来る。

しかも半島特有の急なアップダウンの連続。なんて楽しい道なんだ!

いい道だ…

急なアップダウンといっても、1度に登のはせいぜい50m程度なのでそれほど辛くはない。いつもと違ってバイクが軽いので、ダンシングで軽やかに登っていく。そう、このリズム感がいい。

いい景色だ。

当然眼下には海が広がっていて、その打ち寄せる波や遠くに見える半島の地形が美しい。夏には木々が生い茂って眺望が失われやすいので、きっとこの季節がベスト。

牡鹿半島独特の景色を眺めながら、ヒルクライムにダウンヒル、テクニカルなコーナーをこなしていく。ああ…幸せ。

落ち着く眺めだ。

適当な場所で海を眺めて休憩。道端から脚を放り出してぶらぶらする。コンビニで買ってきたお菓子をつまみながら、ぼーっと海を眺めた。

遠くの方でウミネコが鳴き、ギシギシと波で舟が軋む。名のある観光地でも何でもないけど、こういう景色が好きだ。

綺麗なだけじゃない

だけどこの海も、8年前にはたくさんの命を奪っていった。

 

3.8年前の震災を想う

僕は出身がここ仙台なので、東日本大震災の時にもここ宮城にいた。中学生だった僕は、幼い頃遊んでいた場所が瓦礫の山と変わり果てたのに衝撃を受けたのを覚えている。あれからもうすぐ8年か。

壁の迫力。

海沿いを走ると、漁村などには大きな壁が立ちはだかり、海と空を切り取っていた。その壁は寂れた漁村には不似合いな真新しさで、ひと続きに聳え立つ。

いつの日か、この壁が活躍する日が来るのだろうか。それとも、またあの「想定外」が来るのだろうか。

海を見守る狛犬たち

高台に造られた新しい団地では、おばあちゃんが1人ぽつんと海を眺めていた。あんな道を通らなきゃ来られない場所だ、辺りにお店もない。

そして、この団地を引き継ぐ人もきっといない。10年後や20年後、この場所が維持管理される未来が僕には見えない。

あぁ、あのお婆ちゃんは、何を思って海を眺めていたんだろうか。

 

4.夜は旅館「海風土」へ

今夜はひょんなことから、松島温泉の旅館「海風土」に泊まることになった。いつも街の片隅で野宿かテント泊僕からしたら、なんだか待遇が良すぎて調子が狂う。(笑)

ご飯が美味しかったり温泉が良かったりしたのはもちろん、自転車を旅館内に置かせてもらえたのはとても嬉しかった。ここで盗むような人はいないとは思うけどやっぱり不安だし、大事な相棒を屋内に入れてやれた方がいい。

夜はゆっくり温泉に入り、露天風呂でストレッチ。そんなに強度は高くないライドだったけど、登りでそこそこ踏んだので程よい疲労感がある。明日は松島を軽く走って帰る予定、楽しみだ!

つづく

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (9)
  • 参考になった(@_@) (1)
  • 微妙(-_-) (0)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

Wiggleで購入