ツーリング記

ぼっちライダーが上位カテゴリのレーサーと宮ケ瀬周遊ライドに行ってきた

気づけば僕はここ一年、というか自転車に出会ってから、サドルの上は基本一人で過ごしてきた。1日100㎞以上のライドを誰かとしたのって、たぶん1年以上前じゃないだろうか?←

もちろん僕はソロライドが好きだし自ら一人でいるタイプだから当然なんだけど、やっぱり自分のレベルが見えてこないし速さに対する刺激が少ない。そこで、ご縁あって以前キャンプをご一緒した”超速い”ユウさんに連絡し、一緒に走っていただくことに!

「ライド距離は150㎞。パワーだったら、基本5倍の325W(40キロ)巡航位かな」というメッセージに凍り付く僕。さて、僕の運命やいかに…。

<目次>
1.集合
2.宮ケ瀬で脚が…
3.ZABRA cofeeでまったり
4.帰路で無事に両脚死亡

1.集合

集合は町田付近。朝7時に家を出て、ゆっくりとアップを開始していく。

最近は朝夕は冷え込むようになってきて、下は5分丈のサイクルジャージだけど、上はジオラインにレインウエア。このくらいでジトっと汗をかくくらいが丁度いい。

朝ご飯を食べながら集合

集合場所に向かう途中から既に心臓バクバクだ。「150㎞を基本325W(PWR5.0)巡行」って、パワトレをしていない人には意味不明な数値だろうが、これは普通に実業団レースとかで充分戦えるだけの戦闘力。本当に凄い。40㎞/h巡行を150㎞続けられる人って、ホビーレースの世界でも少ないんじゃないかな?(因みに僕は1時間のMAXで230WのPWR3.5。)本気を出されれば秒殺確定。(笑)

ちょっと早めに集合場所に到着すると、例のユウさんがもういらっしゃった。レースも控えているのに、こんな僕のお願いに付き合って頂けてありがたい。

「練習にならないから絶対にちぎらない」という言葉に安心するも、逆にどこまでも追い込み続けるという事である。ははは、楽しそうだ!フィジカルの苦痛には、小学校の頃に充分慣れた。苦痛も一点を通り超えれば楽しくなってくるものだ。

皆さん速い…

ご一緒したのはユウさんの他にあのツールド沖縄に出る方々3人。集合の後早速ライド開始だ!

宮ケ瀬までの道のりから、いつものライドじゃ絶対に出さない速度で巡行する。今日のライドはユウさんの一本引き。「最後タレたら意味ないから最初は緩くいくよ~」と言いつつ、普通に40㎞/hくらい。ユウさんが風よけになってくれるお陰でなんとかついていける。

誰かにピッタリついて走ったのも初めてだけど、スリップストリームってほんとに凄い。僕の脚力でも凄いスピード感で走れる。

2.宮ケ瀬で脚が…

今日のメインは宮ケ瀬ダムの周遊。僕は全く知らなかった場所だけど、レース界隈やトレーニングライドでは有名な場所みたいで、ロードレーサーが沢山いた。コースは平坦・登り・下りありのてんこ盛りで、登りはそこそこの斜度で勢いが殺される道。

僕はというと、宮ケ瀬ダムに行くまでにちょっとした登りがあって、そこで早速脚がやられた。(笑) 登りは空気抵抗が減る分、後ろについていても平坦よりも辛くなるのだ。最初はダンシングならついていけるかなぁと思ってたけど、あっさりと脚の限界を迎える。

いくら踏もうとしても踏めない筋力の限界。高強度が足りてない証拠だ、悔しい。

宮ケ瀬ダムに到着してからは、早速周遊に入る。脚は既にかなりキているが、ちゃんと休憩時間をとって頂けるのが有難い。雑談をしつつ、ストレッチとマッサージで回復を図る。既に満身創痍の僕だが、ユウさんはずっと先頭320Wくらいで引いている。本当に化け物だ。(笑)

2週目のラスト、ユウさんが飛び出る。到底ついていけるペースじゃないが、途中ペースが緩んで脚を回復できたのでやってやると捨て身のアタック!ユウさんも来るとは思っていないだろうから、ワンちゃんか?と思って思いっきり踏んでみたが、結局最後まで踏み切れずにあっさり抜き返された。それでもいい、こういうのも楽しいなと、素直に思った。そして脚は既に攣る気配。

3.ZABRA cofeeでまったり

追い込んだ後はZABRA Cofeeでまったり。自転車を店内に持ち込めるというサイクリストに優しいカフェ。内装もお洒落でいい感じ。

宮ケ瀬ダム周辺にあるので寄りやすい

なかり消耗している感があるのでがっつり食べる。お洒落だしメニューのパンも美味しいし、また行きたいと思うカフェだった。

美味しかったです

店内はサイクリストでにぎわっていて、有名な方々のいらっしゃったり。一人テンションが上がっていた。

オープンな雰囲気で、店内にサイクルラックがある。

4.帰路で無事に両脚死亡

カフェ休憩の後は市街地を流し、解散。皆さん、付き合って下さり本当にありがとうございました!

皆さん強かったです。

脚はもうパンパンだが、さっきまでの良いペースの余韻が残っているので一人でもガシガシ踏んでいった。所詮35㎞/h+αしか出ないのだが、ラスト30㎞を真っ白な灰になるまで踏む。

さっきまでのアドレナリンが出ているのでさほど辛さを感じない。脚は攣りそうだがそんなのはどうでもいい、あとは家に帰るだけだし。

そうやってラスト30㎞をガシガシ踏んで行ったら、最後の家の前の激坂で両脚のふくらはぎが完全に逝った。(笑) 気合で頂上まで登り切るも、もはや生まれたての小鹿状態。はあ、今日もいいライドだった。

それもこれも、引いてくださったユウさんはじめ皆さんのおかげ。一人ライドはやっぱり好きだけど、こういうライドもスカッとして気持ちがいいなと思った一日だった。皆様、ありがとうございました。

おわり

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • いいね^^)b (8)
  • 参考になった(@_@) (1)
  • もっと詳しく(・ω・) (1)
  • 微妙(-_-) (0)

Wiggleで購入