装備レビュー

【コスパ対決】OGKの新作「REZZA」を購入したので「FIGO」と比較レビューしてみる

スポーツ自転車に乗り始めて約3年。

自転車用ヘルメットは消耗品で、落車しなくても約3年でダメになってしまうらしい。命を守るものだから、ケチっても仕方ない。とはいえ学生の僕はヘルメットに何万円もお金をかけられない…。

そこで、丁度よさげなOGK kabutoの新製品:REZZAが発売していたので、FIGOから買い替えをしてみた。

<目次>
1.REZZAとFIGO比較①(カタログ値)
2.REZZAとFIGO比較②(見た目)
3.REZZAとFIGO比較③(使用感)
4.買うならREZZA

1.比較①カタログ値

まずはREZZAとFIGOのカタログスペックをまとめて比較。

ご存知の通りREZZAの方がスペックが高く、FIGOの上位互換という感じだ。

REZZA
OGK HPより引用
・重量:235g、260g
・サイズ:M/L、XL/XXL
・アジャスター:X-F6
・カラー:8色
・価格:8,700円(実売6,500円~)
・URL:メーカーサイトはここ

 

FIGO
OGK HPより引用
・重量:260g
・サイズ:M/L
・アジャスター:クラニウムロック-8
・カラー:5色
・価格:6,800円(実売5000円~)
・URL:メーカーサイトはここ

⇧価格はAmazon参考(←REZZA FIGO→)

サイズやカラーのラインナップはREZZAの方が多い。特にサイズは重要なので、頭の大きな方はREZZA一択。

それ以外で、スペックで気になる差は「重量差:25g」「アジャスターの違いだ。

ヘルメットの重量は、短時間ではそんなに影響がなくてもロングライドとなるとかなり効いてくる。頭に着ける25gの差は大きい。実際にかぶってみてどうかは、後の比較③(使用感)にて詳しく書く。

アジャスターについては好みが分かれそうだが、グレードはREZZAに使用されているX-F6というものの方が上。これも詳しくは後の比較③(使用感)にて詳しく書くが、結論から言うとやっぱりREZZAのX-F6の方がよかった。(たぶんメーカーが意図するのとは違う理由でだけど…)

FIGO
REZZA

そしてもう一つ!OGKのサイトには書いていないが、REZZAには後ろにリフレクターのペイントがあるがFIGOにはない。

REZZAには反射素材あり。

夜間の視認性には、ヘルメット等高い位置に目立つものを付けるのがかなり効果的。ブルべでヘルメット尾灯が必須なのもこのためだと思う。安全具として、安全性に直結する視認性に差があるのは大きいと思う。

 

2.比較②見た目

シルエットについて

ヘルメットは外見上かなり目立つから、見た目の違いはかなり重要キノコ頭になりたくないとか、サングラスとの相性がいいとか。

OGKが言うには、REZZAの方がシルエットをシャープにして、キノコ頭になりにくいんだかなんだか。実際にかぶって比べてみるとこんな感じ⇩

FIGO
REZZA

うーん、どうなんだろう?笑

確かに、REZZAの方が幅が狭く、キノコ感は軽減されているようにも思う。ただしそこまで劇的な違いがあるかというと、そうでもない気が。(笑) どちらかというと、REZZAの方が全体的にスタイリッシュでシャープな印象かな?(ただし、実は僕は頭が小さい方で56cm弱しかない。OGKのM/Lサイズは57cm~なので、そもそもサイズがあっていないと言えばそれまで…^^;)

横からはこんな感じ⇩

FIGO
REZZA

サイズ感がしっかり合っていれば印象はもっといいのかも知れない?

中央部分のラインがREZZAの方が尖っていて、全体的にコンパクトなのでシャープな印象を受ける。

FIGO。とんがってる?大きい?
REZZA。丸くて楕円?

頭頂部の見た目の高さはFIGOの方が高いが、これは完全に好みの問題だろう。見た目でヘルメットの面積が大きいFIGOの方が頭が大きく見える一方、REZZAは頭は小さく見えるが幅広な感じは否めない。

どちらかがずば抜けてかっこいいとかではない感じはする。

 

カラーリング

あとはカラーリングの違い。僕はつや消しのマットブラックが大好きなのでそれがあるREZZAが嬉しいが、他の色はカラーの塗り方が異なる。こればっかりは好みなのでなんとも言えないところ。

僕は真っ黒を買ったので、色の塗られ方はググってください!*公式ページでは分からないが、REZZAは左右非対称のカラーリングらしいのでご注意を!

 

以上、デザイン的には僅差でREZZAだ。

 

3.比較③使用感

最後に実際にかぶって、自転車に乗ったときの使用感の違いについて。

サイズ感・形

まずサイズ感や形についてだが、同じM/LサイズだとREZZAもFIGOもほぼ同じだった。しいて言うなら、少しだけREZZAの方が被りが深い気がしなくもないが、気のせいかも知れない。

何度もかぶり比べたが、はっきり違いが分かるほどの差は無い。

REZZA。形は同じなので買い替えで違和感はない

重量

たかが25gの差でしかないが、頭にのせると結構違う。ちょっとその辺を乗るくらいなら気にならないが、ロングライドをするなら極力軽い方がいい。

僕はもっぱらロングライドしかしないんだけど、軽さの恩恵は身をもって体感した。軽いってほんと大事!!

ロングライドは疲労軽減が大事。

アジャスター

被り心地に大きく影響するのが、重量のほかにアジャスターのフィット感がある。REZZAとFIGOにはグレードが異なるアジャスターが付いていて、REZZAの方がグレードが高いらしい。

見た目はREZZAの方がかっこいいけど、単純な被った感じはそんなに違いを感じられなかった。アジャスターの機構を見ても殆ど同じだから、当然のことなのかも知れない。

しかし、アジャスターの本体?とは違うかも知れないが、僕なりに違いを感じられたのは顎紐の調節のしやすさ。FIGOの方は顎紐の調節がとてもし辛くて、結局イマイチしっくりこない状態で妥協して使っていた。その点REZZAの方は簡単に微調整が出来て、しっくりくる位置にすぐ合わせられた。

FIGO。これが動かしにくい
REZZA。調整しやすい

 

4.買うならREZZA

以上、スぺックや見た目、使用感からOGKカブトのREZZAとFIGOを比較してみた。

どちらも本格的な有名メーカーのサイクリングヘルメットとしては格安の部類に入るので、そもそものコスパがいいのは間違いないしREZZAもFIGOも買って損はないと思う。

そのうえで、両方を購入し使った僕がオススメするなら絶対にREZZAの方。Amazon等のネット通販を使えば価格差は1500円程度だし、3年間使うと考えれば年500円の差だ。それで25gの軽量性、いい感じの見た目、良いアジャスターが手に入るなら格安だし使っていて幸せになれると思う。

出費を1円でも安くしたい方はFIGO。でもこの記事をご覧になっているという事は迷っているはずなので、読者の方にはREZZAをお勧めしたい。

⇧カラーやサイズによって価格が違うので、リンクからお探しください

おわり

REZZAのインナーパッドの交換についての記事はこちら

皆さんの反響が凄く力になります!匿名なので、ぜひポチっと評価をお願いします↓
  • 参考になった(@_@) (57)
  • いいね^^)b (7)
  • 微妙(-_-) (2)
  • もっと詳しく(・ω・) (0)

Wiggleで購入